カードローン審査 勤続年数

カードローン審査の勤続年数について

 

カードローン審査の時に勤続年数は関係ある?

 

カードローンに申込をしたいけれど、勤続年数が審査に引っかかるのでは?

 

借入審査の場合、できれば最低でも勤務先の勤続年数は1年以上が好ましいです。

 

例えば、あなたが年収300万位の会社員であったとしましょう。入社したばかりで勤続年数が1年以内。

 

もしも仮に、アルバイト10年以上の勤続年数で年収が100万円の主婦の方より、審査のポイントが低くなるかもしれません。

 

年収の高さは審査に大切な事ではありますが、長いスパーンの信用が必要になります。勤続年数が浅いと、長期の信用度に欠けてしまうのです。

 

1年以上の勤続年数が経ってから、カードローンの申込をすると審査にプラスとなるでしょう。

 

職場が変わって続年数が少ないカードローン審査のケース

 

たとえ年収が高くても、勤続年数が1年未達の場合、カードローン審査においてマイナスになってしまいます。

 

職場が変わる前に、お申込みを済ませておけば良かったと後悔する方が多い様です。

 

できれば、万が一のために今すぐ必要でなくてもお守りとしてカードローンを作っておきたいところですね。

 

そうするとイザ、急な資金の調達にでも慌てる事がありません。

 

こちらでカードローンランキングを掲載しています。
http://www.renaissance-project.org/